真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『根本僧制』(1)

本文6ページ中1ページ目を表示
凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

第一条

第一に、一切の事須く律に依て判ずべし。人情を顧みず及び已臆に任することを得ず→原漢文

自注

此ノ正法律ノ中は、内秘菩薩行、外現声聞儀*1 を規模とす。三世の諸佛、報土*2 の薬師弥陀等、みな出家形なり。大論*3 に、文殊弥勒みな声聞衆中に入て位に随て坐すと云へり。密教に、大日如来は首陀会成道*4 の相なれば、菩薩形宝冠天衣なり。此は別に伝あることなり。通途は声聞の式*5 を本とす。故に剃髪染衣の式*6 衣鉢護持の法*7 、みな律蔵に詳なり。

後人、大乗律の中に剃髪染衣、衣鉢等の式有べしと云フ。暗推の説なり。故に此ノ根本制に律蔵に依ルを第一とす。其ノ例を挙レば、梵網経*8 楞厳経*9 等に、身臂指を焼て佛に供養せずば、出家の菩薩にあらずと。この焼身の徳衆罪を滅すと説ケり。律文には此ノ事制なり。作サば吉羅*10 を犯ずる也。此ノ正法律ノ中は、焼身*11 みな他の見聞にわたらざるを本とす。外行は律を本とするなり。

請食*12 の中、梵網経等に、受他別請*13 軽垢罪*14 なり。他を請するも爾なり。律中は、世尊鹿野*15 に法輪を転じ、名称童子*16 を度して、初て受請あり。此ノ時別請を受ケ給ふなり。僧次*17 別請みな開すべし。此ノ正法律は、心地*18 は平等を主とし、時に随ては別請をも受クるなり。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

2.現代語訳

第一条

第一に、全ての僧侶の行動・行事は、当然の事ながら律の規定に従ったものでなければならない。(その場その時でどうにでも変わりうる)人情を考慮せず、またうすぼんやりとしか覚えていなかったり、その根拠が曖昧なことをそのまま行ってはならない。

自注

この正法律(という思想)の中に於いては、(『法華経』に説かれる)「内心に大乗の菩薩としての決意を秘めつつ、外見は(小乗の僧侶と同じく)声聞僧[しょうもんそう]の姿を示す」を模範とする。三世の諸仏や、報身仏としてそれぞれ仏国土を建立してそこに住まう薬師如来や阿弥陀如来なども、みな出家者の姿をしているのである。『大智度論[だいちどろん]』には「弥勒菩薩や文殊菩薩なども、釈尊は(大乗の)菩薩や(小乗の)僧侶などといった分け隔てをしていなかったため、小乗の僧侶達が順に坐っている中に入り、その席次に従って座った」と説かれている。密教の大日如来について言えば、首陀会[しゅだえ]にて成道されたからこそ(如来でありながら)菩薩の姿のように、宝冠や天衣(などの飾り)をつけているのである。これについては別に(密教の秘釈としての)伝承があることであって、例外である。一般には声聞僧[しょうもんそう]の規定を基準とするのである。であるからこそ、剃髪染衣の式や衣鉢護持の法など、全て律蔵に詳細に説かれているのである。

(佛滅後、久しい時間を経た)後代の人に、「大乗律の中に剃髪染衣、衣鉢などの規定がある」などと主張する者がある。(このような主張は、)その典拠を見ることも確認することもなく、ただいい加減なことを言っただけのホラ話に過ぎない。よって、この『根本僧制』には(その典拠、根拠を明確にするべく)律蔵に依ることを第一とするのである。(この「根本僧制」とはどの様なものか示すのに)その例を挙げれば、『梵網経[ぼんもうきょう]』や『首楞厳経[しゅりょうごんきょう]』などには、「身体や腕・指を焼いて仏に供養しなければ出家の菩薩ではない。この焼身の功徳によれば、諸々の罪業を滅することが出来る」などと説かれている。(しかしながら、このような行為は)律蔵の規定に従えば、禁止されているのである。このようなことをすれば、(律蔵の規定では最も軽微な罪である)突吉羅[とっきら]を犯したことになる。この正法律の中に於いては、焼身供養は、あらゆる他者から見聞きされないこと(つまりは行わないこと)を根本的態度とするのである。外に現れた姿、外面は律蔵の規定を根本とするのである。

(在家信者からの食事の招待である)請食[しょうじき]に関しても、『梵網経』などでは、別請[べっしょう]を受けるのは軽垢罪[きょうくざい]としている。(在家信者が特定の)出家者を食事に招待するのもまた同じく軽垢罪としている。(しかし、)律蔵の中には、世尊が鹿野苑[ろくやおん]で説法され、名称童子を出家させた時に、初めて請食を受けられたことが説かれている。この時の請食は(指名して行われる食事の招待である)別請であり、それを釈尊は受けられているのである。(よって、出家してからの年齢順で行われる食事の招待である)僧次も(指名して行う食事の招待である)別請も許可されるのだ。この正法律においては、心地は平等を主として、(その実際においては)ときに別請も受けるのである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

3.脚注

第一条(原文)第一。一切事須依律而判。不得顧人情及任已臆→本文に戻る

*1 内秘菩薩行、外現声聞儀…「内に菩薩行を秘め、外に声聞[しょうもん]の儀を現す」。精神的には大乗であっても、外見やその振る舞いは、律蔵に規定された通りの僧侶の姿をとり、律蔵に規定された僧侶として生活すること。僧侶の形には、大乗も小乗もなく、一様にみなが律に従った外形を取り、行動をすることをいう。『妙法蓮華経』いわゆる『法華経』巻四「五百弟子受記品」の偈文[げもん]にある言葉。「内秘菩薩行 外現是声聞」(T9, P28a)。
法事など儀式の時だけ袈裟衣を着け、神妙な顔で僧侶然とするも、それが終われば趣味の悪い俗服を着て出かけることなどではもちろんない。
→本文に戻る

*2 報身仏[ほうじんぶつ]…菩薩として修行している時に立てた大誓願を成就し、完全な悟りに到った仏陀。薬師如来や阿弥陀如来など。→本文に戻る

*3 大論[だいろん]…『大智度論[だいちどろん]』の略。龍樹[ナーガールジュナ]が著したとされる『大品般若経』の注釈書。支那・日本など漢語仏教圏で、大乗を学ぶ者なら必ず読むべき重要な書の一つ。であるが、近年これをまともに読む人はほとんどいない。
慈雲尊者が引用しているのは、『大智度論』巻三十四の「弥勒菩薩・文殊師利菩薩等の如き、釈迦文仏に菩薩・僧の別無きが故を以て、声聞僧の中に入って次第して坐す」の一文。「如弥勒菩薩文殊師利菩薩等。以釈迦文仏無別菩薩僧故」(T25. P311c→本文に戻る

*4 首陀会成道[しゅだえじょうどう]…首陀会とは、天界の五浄天[ごじょうてん]といわれる場所に同じ。大日如来は、人間界ではなく、そこにて悟りを開いたとされる。→本文に戻る

*5 声聞[しょうもん]の式…声聞とは、大乗における意味は、より低い悟りの境涯にしか達しないと言われる「小乗の僧侶」を指す言葉。しかし、本来は字が示すとおり、単に「教えを聞く者」の意であって、そこに大乗も小乗もない。
ここで尊者が言っているように、インド以来、自身が信奉する教義が大乗であれ小乗であれ、出家者はみな律蔵の規定に従って同じ姿をし、同じ生活をしていた。これらのことは、『大唐西域記』や『南海寄帰内法伝』に代表される支那からインドに入った僧侶達による、数々の紀行文に明らかである。→本文に戻る

*6 剃髪染衣[ていはつぜんね]の式…出家得度の方法。→本文に戻る

*7 衣鉢護持[えはつごじ]の法…袈裟や鉢の扱い方やその素材などの規定。→本文に戻る

*8 『梵網経[ぼんもうきょう]』…大乗と小乗とで同名の経典があるが、ここでは大乗の経典を指している。菩薩戒を説く経典として重要視され用いられてきた。これを「梵網戒[ぼんもうかい]」という。その戒は「十重四十八軽戒」と言われることがあり、菩薩の十の犯すべからざる大罪と四十八の行為を戒めている。
日本仏教では奈良時代の鑑真和上渡来以来、あらゆる宗派で正式にに大乗戒経として用いられてきた経典だが、平安時代初期を境として、その扱いを巡って日本仏教は大きく二つに分裂した。日本仏教が、天台系と真言系に分裂したのである。のち天台からは鎌倉新仏教などといわれるセクトが次々と誕生。真言宗は、旧来の奈良仏教の伝統を継承。奈良仏教側は、その修道体型を真言宗からほとんど全面的に受け継いだ。→本文に戻る

*9 『首楞厳経[しゅりょうごんきょう]』…。→本文に戻る

*10 吉羅[きら]…サンスクリットduşkŗta[ドゥスクルタ]またはパーリ語dukkaţa[ドゥッカタ]の音写語で、「悪事」または「(軽い)罪」を意味する言葉で、悪作[おさ]などと漢訳されている。律蔵における罪としては、最も軽微なもの。僧侶のなすべきでない行為。→本文に戻る

*11 焼身[しょうしん]…焼身供養の略。自らの体の一部、もしくは全身を焼くこと(いわゆる焼身自殺)によって、仏陀または経典などへの供養とする行為。支那以来の(過激な)供養法。日本では鎌倉期以来、とくに『法華経』の狂信者達によって盛んに行われた。
現在、日本においてこれを行う者はおそらくいないが、支那では依然として行われている。たとえば、支那の僧侶には、頭に小さな九つの火傷の痕をもつが、これは具足戒を受けて比丘となっている証である。実はこれは、具足戒を受ける前、受者は頭を強力な灸で焼き、供養あるいは懺悔としたための結果である。焼身供養である。
あるいは、これは外から見ることは困難であるが、手首や大腿などに炭を置き、焼いて供養とする者はいまだ多くある。知人の支那の比丘尼は大変聡明で信心深く、また純粋であるが、その故か、体に多くの火傷痕を持つ。
『法華経』薬王菩薩本事品第二十三にて、「若有発心欲得阿耨多羅三藐三菩提者。能燃手指乃至足一指供養仏塔」などと説かれているのに基づく(T9. P54a)。しかし、このような、いわば自傷行為は、律蔵にて禁じられている。→本文に戻る

*12 請食[しょうじき]…在家信者からの食事の招待。僧侶を指名せずに行うものと、指名して行うものとがある。→本文に戻る

*13 受他別請[じゅたべっしょう]…別請とは、在家信者が、僧侶を指名して食事に招待すること。受他別請とは、それを受けること。→本文に戻る

*14 軽垢罪[きょうくざい]…軽垢とは、律蔵に言う「突吉羅」と同意で、「(軽い)罪」の意。もっとも、ここでは、『梵網経』に説かれる「十重四十八軽戒」の軽戒に違犯した罪のこと。→本文に戻る

*15 鹿野[ろくや]…鹿野苑[ろくやおん]の略。釈尊が初めて説法された地、インドのベナレスはミダガヤの漢訳名。→本文に戻る

*16 名称童子[みょうしょうどうじ]…釈尊が五群比丘を教化したあと、たまたま鹿野園にさまよい来て釈尊の教えをこうむり、その場で出家することを決意し、6人目の比丘となった青年Yaśa[ヤシャ]のこと。Yaśaは、一般に耶舎[やしゃ]と漢語に音写されるが、「名称童子」と訳している経論もあるか。こののち、Yaśaの妻ならびに両親も仏教徒となり、釈尊と出家した耶舎を含めた7人の比丘を招いて食事の供養をした。→本文に戻る

*17 僧次[そうじ]…相手を指名しない請食。その人数が指定されたときは、席次順に該当人数の僧がその招待を受ける。→本文に戻る

*18 心地[しんぢ]…こころ。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

本文6ページ中1ページ目を表示
凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。