真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 十善戒

戒とは何か | 戒の伝統的定義
五戒 |  八戒 |  八斎戒 |  十戒 | 十善戒 |  十重四十八軽戒 |  三聚浄戒 | 三昧耶戒

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.十善戒とは

十の正しい行為の道

十善戒[じゅうぜんかい]とは、出家・在家あるいは大乗・小乗を問わずに、「戒」としてと同時に「道」として、多くの経典に説かれているものです。

十善戒は、多くの経典のなかで、単に十善[じゅうぜん]や十善道[じゅうぜんどう]と言われ、あるいは十善業道[じゅうぜんごうどう]という言葉でもって説かれています。

十善業道は、サンスクリットDaśa kuśala karma patha[ダシャ クシャラ カルマ パタ]の訳語です。ここではsīla[シーラ]つまり戒という言葉は使われておらず、「道路」を意味するpathaが用いられています。また、kuśalaとは、「健康な」・「完全な」・「巧みな」・「(道徳的に)正しい」という意味の言葉です。daśaは数の「十」、karmaは「行為」・「行い」という意味の言葉です。

よって、これを現代語に直訳したならば「十の正しい行為の道」となり、漢語の十善業道という言葉が適訳であることがわかります。

さて、十善戒あるいは十善業道とは、以下の内容のものです。

十善戒(十善業道)
No. 戒名 戒相(抄)
1 不殺生 いかなる生き物も、故意に殺傷しない。
2 不偸盗 与えられていない物を、故意に我が物としない。
3 不邪淫 不適切な性関係を結ばない。不倫・売買春しない。
4 不妄語 偽りの言葉を語らない。
5 不綺語 無意味な、無益な言葉を語らない。
6 不悪口 他者を誹謗・中傷しない。
7 不両舌 他者を仲違いさせることを言わない。粗暴な言葉を使わない。
8 不慳貪 物惜しみせず、飽くことなくモノを欲しがらない。
9 不瞋恚 どんな時であれ、事であれ、怒らない。
10 不邪見 業報・因果・縁起・輪廻を否定するモノの見方をしない。

補足ながら、第八番目の不慳貪が、不貪欲や不貪あるいは無貪になっている経論もありますが、その意味は変わりません。

また、十善に対するのが十悪[じゅうあく]ですが、それは上に列挙した不殺生・不偸盗・不邪淫などの「不」を除いた行為、つまり殺生・偸盗・邪淫などの十の行為を言います。これらは、貪(貪り)・瞋(怒り・憎しみ)・痴(愚かさ・無智)という、生命が等しく有する三毒[さんどく]と言われる根本的煩悩を元になされる行為です。

これによって生命は苦しみ、苦しませ、輪廻流転し続けるのです。その故に悪とされます。

身三口四意三

十善戒は、人の四つの身体の行為と、一つの言葉の行為だけを戒める五戒と異なって、身体について三、言葉について四、心について三の行為をなさないことを言うものです。これを伝統的に、「身三口四意三[しんさんくしいさん]」あるいは「身三語四意三[しんさんごしいさん]」と言います。

五戒と重なるのは、第一から第四までで、五戒にある不飲酒がありません。

古来、これが何故かを問う人があり、また現在もそれは同様のようです。しかし、これは当然のことです。五戒の項で述べたように、「飲酒という行為そのもの」は善でも悪でもないので、十善に不飲酒は含まれません。飲酒は、十善に対する十悪への引き金になるために、五戒や八齋戒などで、これを殊更に戒めています。

もっとも時として、「五戒・八斎戒の不飲酒戒は、十善戒では不慳貪に含まれる」との解釈が行われることがあります。また、時として、「私は五戒は受けても守ってもいない。けれども五戒より優れた、十善戒をこそ守ろうと日々努めている。十善戒には不飲酒がないから、私は酒を飲んでも良いのだ」といったことを言う人がありますが、まったく愚かなことです。

さて、十善は、先に述べたように、五戒ではいうことのない人の精神的行為にまで言及して、これに三つが数えられます。また、言葉についても不妄語だけではなく、不綺語・不悪口・不両舌と、さらに三つの行為が増えています。

これは、ほとんど人の行為全般について言われているといってよいもので、ある人に、「十善を意識し、これに準じた生活をしようとしたら何も出来ない」などという人もいました。

人が日々、みずから五戒だけでなく十善戒を意識して生きたならば、大変有益な指針となります。それは最初、決して「楽」な生き方ではないかもしれません。それまで奔放な生活を送っていた人であれば、最初はそうかもしれません。しかし、いずれ平安なる生き方を手に入れることが出来るでしょう。

十善を説く仏典

十善を説く仏典は、非常に数多く、ここで紹介しきることが出来ないほどです。

そこでその中、十善を説く漢訳仏典の中でも、日本で比較的よく知られた経典だけでも挙げてみると、『長阿含経』・『中阿含経』・『雑阿含経』・『増一阿含経』・『大般涅槃経』・『仏本行集経』・『優婆塞戒経』・『法句譬喩経』・『六度集経』・『心地観経』・『大般若経』・『大宝積経』・『大集経』・『華厳経』・『金光明経』・『正法念処経』・『維摩経』・『阿弥陀経』・『観無量寿経』・『梵網経』・『陀羅尼集経』・『大日経』など、枚挙に暇ありません。

また、律典では、『五分律』・『摩訶僧祇律』・『四分律』・『十誦律』・『根本説一切有部律』と、その漢訳律蔵の全てにて十善は説かれています。さらに論書では、『大毘婆沙論』・『倶舍論』・『成実論』・『十住毘婆沙論』・『大智度論』・『中論』・『瑜伽師地論』・『成唯識論』・『辯中辺論』・『大乗起心論』・『釈摩訶衍論』などで、やはりよく知られたものの中で十善が説かれています。

また、パーリ三蔵にも、十善は道としても戒としても説かれています。パーリ三蔵で、特に十善を道ではなく、戒であるとして説いているものには、Khuddaka Nikāya(小部ニカーヤ)所収のPaṭisambhidāmagga(『無礙解道』)を挙げることが出来ます。

このように、十善は、五戒と同様に、小乗・大乗を問わず、また阿毘達摩・中観・唯識・浄土・密教などを問わず、仏教に一貫して説かれているものです。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.人となる道

十善は戒か道か

十善とは、十の「~しないこと」が善である、正しい行為である、とするものです。殺生など十悪をなさないことが善である、というのです。

そこで、十善を戒とみるか道とみるか。結論から言いますと、どちらでも良いでしょう。

戒の原語であるサンスクリットあるいはパーリ語のsīla[シーラ]は、原意は「(良い)習慣」ですが、その訳語である「戒」という言葉には、「禁止事項」・「してはいけないこと」から「窮屈なもの」というような語感があると言えるでしょう。それに対し、「道」という言葉には、「人としての生き方」・「人として踏み行うべきみち」あるいは「その精神をも高め得る、一つの専門職・技芸」というような語感がある、と言えるでしょうか。

上に挙げた仏典のほとんどでは、十善を「いわゆる戒」としては説いていません。

これをどう見るべきか。小乗の諸部派のうち唯一、幸運にも滅びず今にまで伝わる上座部と通称される部派では、十善ということをその教義の中で積極的に主張することも、在家信者達への布教で説くこともありません。

また、十善を戒として在家信者に授け、実行することを奨励することはまずありません。これに対して日本仏教のいくつかの宗派には、十善を積極的に主張し、また「戒」として説く伝統があります。

そこで、ここでは『大智度論』の所説を漢語仏教圏における大乗の代表的見解として支持し、これを以下に引用します。

十善を総相戒とす。別相に無量戒あり。[*原漢文]

十善は、諸々の戒すべてを内包する戒である。(十善を)広説すれば、戒には(五戒・八戒・八齋戒・十戒など)数え上げることが出来ないほど説かれる。

『大智度論』(T25,P395b

このように、『大智度論』では、十善とは諸々の戒をすべて内包するもの、戒を生み出す元であるとしています。この『大智度論』の所説は、過去多くの仏教者から支持され、たとえば弘法大師空海や以下に見るように慈雲尊者も踏襲しています。

悟りへの鍵

人はその日常の行為に悪を内包し生きている、と言えます。

人は放っておけば、意識的無意識的を問わず十悪をなすものです。十善とは、十悪を行わないことが正しい行為である、とするものです。十善は決して「何もしないことは善である」との意味ではありません。人が「行為するなか」で、十悪を行わないのが十善であり、意志によって十悪を行わないように努めるのも善に順じた行為です。

ここから五戒・八斎戒・十戒などの戒、ひいては具足戒が説かれるのであり、ゆえに十善を戒として捉え、受けても問題が無い。むしろ、戒として捉え、受けた方がより良いとも言えるでしょう。

十善を、戒とみるか道とみるか。「戒」としてこれを受け、日々に守ろうと励む。あるいはこれを「道」として、みずから「~しない」生き方を生きる。何も違いありません(学問的に云々すれば、違います)。「善」を意識して行為すればするほど、むしろ逆に自分が「悪」であるとの思いが強くなるかもしれません。それは正常なことです。それだけ自分の行為をしっかりと見つめている証です。

ただし、そこで必要以上に自己嫌悪に陥ったりするのは、決して自分のためになりません。それは、抜け出せない深い坑です。

十善を指針として、たとえ完全ではなくとも、しばしば挫折しようとも、十善を行おうと勤める。十悪を犯さないように努める。それは、健康であり、完全で、巧みな、正しいもの。仏教の目指す悟りへの初門であり、道程であり、やがて達せられるべきもの。そして、乗り越えられるものです。

人らしさとは

人は決して、種類としてはヒトであったとしても、「生まれながらに”人”」とは言えないものです。

人は何の教育もされず、何も自制することなく、何の規制も受けずに生きれば、動物並み、いや、動物以下の行為を平気でするものです。

人は、生まれ育つ中で、家族や社会から何事かを教え諭され、みずから学び、そして教えていく、その関係の中で人たり得ます。

いや、たとえどれだけ高度な教育を受けていたとしても、人は時として「人とは思われないような」行いを、それはむしろ人だからこそ行うわけですが、眉毛一本も動かさず、あるいは嬉々としてすることすらあります。

「人らしさ」とは、人に特有、ということでしょう。

ですから、動物も同じく所有するところの感情に左右されて行動するのは、「人らしいこと」とは言えません。「人らしさ」とは、(たとえそこに矛盾があろうとなかろうと)なにか理論によって整理された思想を持ち、そしてそれに基づいて行動すること、です。その内容がいかに残虐な冷徹なものであろうと、あるいは崇高であろうと、それは関係ありません。人情は関係がないのです。

ここから知られるのは、なにを以て「人らしい」ことや行いとして考え、そして行動することが大事である、ということです。

仏教が説く「人らしい行い」は、十善です。

そして十善とは、慈雲尊者の言葉を借りて言えば「人となる道」です。

最後に、十善を、十善戒を理解し、実践する助けとして慈雲尊者の『人となる道』ならびに『十善法語』の冒頭を、以下に紹介します。『人となる道』と『十善法語』は、慈雲尊者の残された代表的語録と言えるものです。

残念ながら、一般向けに出版されておらず、故にごく一部の僧徒あるいは仏教学関係者が知るのみで世間にほとんど知られていません。しかしそれは、現代にもその大部分が通用する非常に優れた説法集です。

これらは江戸中期に記された、いわゆる仮名法語[かなほうご]で、漢文のものよりは相当に読みやすいものでしょうから、あえて現代語訳は付けず、原文そのまま紹介しておきます。

人となる道
経に云く、「直心[じきしん]これ菩薩の道場、十善是菩薩の道場なり」と。
人となる道、この人と共に云べし。このみちを全くして天命にも達すべく、佛道にも入べきなり。十善あり、世間出世間におし通じて大明燈となる。十善とは、身三口四意三なり。不殺生、不偸盗、不邪淫、これを身の三善業と云。不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、これを口の四善業と云。不貪欲、不瞋恚、不邪見、これを意の三善業と云。此中伝戒相承の義あり。上品[じょうぼん]の護持は天上および輪王の徳なり。中品[ちゅうぼん]の護持は万国諸王の位なり。下品[げぼん]の護持は人中豪貴の果報なり。もしは分受、もしは護持闕失あるは、小臣民庶の等級なり。小人の富栄長壽なる、王公の短命なる、或は多病なる、或は貧にくるしむ等、みな準じ知べし。余経のなかに、殺生の一戒をたもてば四天王処に生ず、殺盗の二戒を持ば、三十三天に生ずる等の文あれども、今家は如上の義を伝るなり。世善相応のなかも、此徳むなしからず。若真正にこの道による者は、諸仏菩薩も自己心中より現じ、一切法門もその身にそなはるなり。若これに背ば十悪業を成じて人たる道をうしなふ。梵網経の中、慇懃[おんごん]丁寧に呵したまふところなり。
十善法語 巻第一
師云く。人の人たる道は。此の十善に在るじゃ。人たる道を全くして。賢聖[けんじょう]の地位にも到るべく。高く仏果をも期[ご]すべきと云ふことじゃ。経の中に。此の道を失へば。鳥獣にも異ならず。木頭[もくず]にも異ならずと有るじゃ。阿含経[あごんきょう]・正法念処経[しょうぼうねんじょきょう]・婆沙論[ばしゃろん]・成実論[じょうじつろん]等。大般若経[だいはんにゃきょう]・梵網経[ぼんもうきょう]・瑜伽論[ゆがろん]・智度論[ちどろん]等。諸の大小乗経論の通説じゃ。人たる道と云ふは。諸の三蔵学者。文字の輩[ともがら]は。浅きことに思ふべけれども。さうではない。華厳十地品中離垢地の法門には。此の十善が直に菩薩の戒波羅蜜の行じゃ。大日経方便学処品には。此の十善が直に真言行菩薩の学処じゃ。
且[しばら]く差別[しゃべつ]せば。十善を出世間戒と云ひ。沙弥・比丘戒等を出世間戒と云ひ。菩薩戒を在家出家の通戒と云ふ。若し要を取て言はば。世間戒も出世間戒も。声聞戒[しょうもんかい]も菩薩戒[ぼさつかい]も。此の十善戒を根本とするじゃ。初心なる者は。世間戒と聞ては少分なることと思ひ。声聞戒と聞ては盡さぬことと思ひ。菩薩戒と聞ては高く尊きと思ふ。それは名に著[ぢゃく]する迷と云ふものじゃ。此の十善戒は甚深なること。広大なることじゃ。
此の十善に反するを十悪と云ふ。本業瓔珞経[ほんごうようらくきょう]の中に。理に順じて心を起すを善と云ひ。乖背[けはい]するを悪と名づくとある。此の経文に依て善悪の義を知れ。諸戒に推通じて親しき文じゃ。憶念するに随て妙味あるべきじゃ。

非人沙門覺應(比丘慧照) 敬識
(By Araññaka Bhikkhu Ñāṇajoti)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

戒とは何か | 戒の伝統的定義
五戒 |  八戒 |  八斎戒 |  十戒 | 十善戒 |  十重四十八軽戒 |  三聚浄戒 | 三昧耶戒

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。